(1)今ある修繕計画の“からくり”を知る

①住民が望むのは、修繕計画表を手に入れることではなく、無駄なく、計画的に修繕を
  行うこと
修繕計画表はありますか? それは、いつ作られたものですか? 誰が作ったものですか?

「修繕計画表は出来ています。」「入居当初に作られており、万全です。」「管理会社(あるいはマンションの施工会社)が作ったものなので安心です。」

本当にそうでしょうか?

修繕計画表を手に入れることは大切です。
しかし、まずは出来上がった修繕計画表をよく見て下さい。

入居当初から決まりきった期間や内容で予定が立てられていませんか? 
決まりきった予定、それはガイドラインというものです。

劣化の具合や住民のライフスタイルの変化など、実際の修繕にあたっては、当初の予定(ガイドライン)から見直さなければならない事がたくさんあるはずです。

あなたが本当に望んでいるのは、修繕計画表を手に入れることではありません。
あなたとご家族の大切なマンションの価値を高めること。
そして、快適な住生活をこれからも送り続けること。
そのために必要な修繕工事を、限られた修繕積立金の中で、無駄なく、計画的に行って下さい。

今ある修繕計画表は、誰が作ったものですか?
あなたとご家族の幸せを、一番に考えて作られたものですか?

 
②大規模修繕工事を行う間隔のウソ、ホント ~早いも遅いもやっぱりムダ~
今、あなたのお手元にある修繕計画表は、その作成者であるマンション管理会社や施工会社の都合を組み込んで作成されています

言い換えれば、あなたとご家族の幸せを一番に考えて作られたものではないのです。

そのため、あなたや他の住民のチェックが甘くなれば、本来、まだ必要のない時期にもかかわらず、当初の修繕計画通りに修繕工事が一斉に行われてしまうことでしょう。

修繕工事には、あなたが長年にわたり懸命に貯えた修繕積立金が充当されます。
チェックを怠らず、必ず定期的に修繕計画を見直して下さい。


そして、工事の内容のみならず、工事の時期についても慎重に検討して下さい。
その上で、必要な不具合箇所を修理し、傷みそうなところを繕って下さい。

また、美観を備えるだけでなく、バリアフリーなどの、あなたとご家族にとって価値ある改良工事(バリューアップ)を行って下さい。

どうか、マンション管理会社などの都合に左右されずに、あなたとご家族が、これからも幸せな住生活を送り続けることができますように。

もし、管理会社などから、大規模修繕工事は10年ごとに行わないといけない、なんて言われたことがある方は、よく覚えておいて下さい。

日本のマンションの実際の大規模修繕工事の周期は15年弱となっています。

10年ごとに行うべきと言われている修繕を、15年で行っても問題ないとすれば、築30年のマンションでは、実際、2回の修繕で済むと言うことです。

住民が無駄を省く努力をせずに、1回当たり1.5億円の修繕工事を30年で3回行っていたとすれば、15年ごとに修繕工事を行った場合に比べて1.5億円の損を出していることになります。。。と言うことは、もし無駄を省いていれば、第2回までの修繕工事よりも多額にかかる第3回の工事費用についても、その大半を貯えることが出来ていたということになるのです!

あなたとご家族のために、将来に向けてマンションという大切な資産を残すために、第1回、第2回の大規模修繕工事の無駄を極力省いて下さい。
そして、「マンションの魅力を再び蘇らせる」ための工事となる第3回の大規模修繕工事に必要な修繕積立金を潤沢に貯えておくことが最も重要になるのです。

あなたのマンションは、大丈夫ですか?
あなたの大切な修繕積立金は、無駄なく有効に活用されていますか?


(2)住民のメリットを最大限に活かす修繕計画を立てる
①マンションの価値を維持向上させるためには、将来を見据えた計画的な修繕工事が
 必要不可欠
いくら日頃の管理をしっかりと行っても、マンションの寿命が永遠に続く訳ではありません。
マンションの寿命を延ばし、マンションの価値を維持向上させるためには計画的な修繕が必要となります。

マンションは完成直後から劣化が始まります。
劣化には、日頃の改修工事や修繕工事によって修復が可能なもの。さらに、社会環境の変化や住民のニーズにそぐわなくなるもの(経済的な劣化)があります。

将来に渡ってマンションの価値を維持向上させるためには、日頃の改修工事だけでは足りません。
経済的な劣化を防ぐことも含めて、あなたとご家族が、これからも快適な住生活を送り続けられることを一番に考えた、住民主導による修繕計画を立てることがカギになります。
今ある修繕計画で、社会環境の変化にも充分対応できますか?
あなたの大切なマンションの価値を、将来においても維持する準備はできていますか?

 
②あなたのマンションの実情に合わせた、オンリーワンの計画を立てる
全ての建物や設備が、同じスピードで劣化していく訳ではありません。

しかし、当初は一般的なマンションを基に修繕計画を立てるため、見込みと実際が大きくかい離することもよくあります。
また、当初は最先端の技術で建てられたマンションでも、インターネット環境の急激な変化や、防災設備の義務化など、世の中の激しい環境変化の中では、予想以上のスピードで陳腐化していくこともあるんです。

だからこそ、今ある修繕計画を見直し、あなたのマンションに合わせた、オンリーワンの修繕計画を立てて下さい。

修繕で済ませられるもの、改良工事や取り替えを要するもの、または、社会環境の変化に応じて新しく設置する必要のあるものなど、個々の事情に合わせた修繕・改良を行って下さい。
あなたのマンションは、唯一無二、特別なものなのです。

 
③住民のメリットを最大にするには、第三者となる専門家の知恵が必要
貴重な修繕積立金を無駄なく、最大限に活用する。
そして、あなたとご家族が、これからも快適な住生活を送り続けることが出来るようにするためには、やはり、マンション管理や修繕工事の専門家(アドバイザー)の経験と知恵を取り入れることが必要です。


建物や設備の不具合・劣化の状態を正確に、かつ詳細に把握することは、マンションの住民には難しいことです。
また、多くの住民の意見を取りまとめることも、マンションに住む当事者同士では、困難な面も多々あります。

是非、マンションの住民や今の管理会社などと利害関係のない、第三者となる専門家のアドバイスを受けて下さい。
“本当に必要な”工事の内容や時期、工事を依頼する業者の選定などについてのアドバイスを。

さらには、多くの住民の意見を取りまとめ、あなたとご家族にとって、“本当に有効なアドバイス”だけをしてくれる。そんな第三者的立場の専門家の知恵を存分に活用して下さい。

マンションの価値を大きく左右する修繕計画や、大切な修繕積立金の活用については、あなたも、気になっているはずです。しかし、身近に頼りになる専門家(アドバイザー)もいない中で、気にはなってもその先に進めないだけではありませんか?

そんな中、あなたの疑問や不安に答えて下さるマンション管理や修繕工事の専門家(アドバイザー)と、無料・匿名にて相談することが出来ます。
また、同様に複数の管理会社や修繕業者から提案や見積りを受取ることが出来ます。
匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込みなどを受ける心配は一切ありません。

当サイトで無料見積を取得するのは簡単です 。
まず以下の申し込みフォームよりお申し込み下さい。


それから、ご家族や理事の方々と、じっくりとマンションの修繕計画について話合ってみて下さい。
あなたやあなたのご家族が、これからも快適な住生活を続けられることを願っております。


Copyright (C) 2011 マンション管理・修繕一括見積プロ. All Rights Reserved.